OUJI~遥か地平線の彼方で 2017~  
 
 ◆ゲストプロフィール  
 高槻 役 髙田正人   Masato Takada 
東京芸術大学卒業。同大学院修了。二期会オペラ研修所第48期マスタークラス修了(優秀賞及び奨励賞受賞)。第8回全国ソリストコンテスト優秀賞(声楽部門第1位)。2001年よりイタリア政府給費奨学生、国際ロータリー財団奨学生としてイタリアに留学。G・ニコリーニ国立音楽院に学ぶ。M・グロッピ女史、F・ダルテーニャの各氏の下で研鑽を積む。イタリア留学中にミュージカル『ウェスト・サイド・ストーリー』でトニー役を演じイタリアのオーケストラと共演、リベルタ紙等に好評を得た。また2009年より、文化庁新進芸術家在外派遣研修員としてニューヨークに留学。メトロポリタン歌劇場音楽コーチの P・ヴァレー、ジュリアード音楽院の R・ヌヴァー等に師事。カーネーギーホール・ヴァイルリサイタルホールでのコンサートに出演。帰国後は東京二期会のオペラを始め、小澤征爾音楽塾特別演奏会『カルメン』、日生劇場『魔笛』、N響定期公演『ラ・ボエーム』、宮本亜門演出『椿姫』など数々のオペラに出演その存在感のある歌唱と演技は常に高い評価を受けている。ニューヨーク、ミラノ、ヴェローナ、台湾などでもコンサートに出演。また、オペラ界のスターを集めた男声ユニット「ザ・ジェイド」としても活躍している。東京二期会会員。  
 パイロット 役 草壁カゲロヲ  Kagero Kusakabe
  1991年劇団維新派で役者を始める。
1997年Lowo=Tar=Voga(現VOGA)を結成、野外劇を基点に活動、京都在住。近年は、仲代奈緒氏のリーディング公演、若手劇団の客演や、コメディなど幅広く出演。
好きなこと:散歩、お酒、寝ること。
ブログ:カゲロヲ日記http://note-voga.jugem.jp/
VOGAホームページ http://www.lowotarvoga.net/ 
   
 ◆脚本・演出 たかさきこず枝  
  演出家、原作・脚本家、総合芸術作家。
1974年栃木県生まれ。女子美術大学 芸術学部 芸術学科卒業。池袋ミュージカル専門学院 専門科卒業。女子美術大学付属高校在学中に、劇団「わん。」を旗揚げ、主宰・原作・演出として活動する。大学進学後、自主演出公演の舞台作品制作をこなしながら、プレイヤーとしての技術を習得する為に、池袋ミュージカル専門学院 専門科にダブルスクールする。多数の自主公演の他、福祉事業団や企業依頼の舞台制作も行う。
2000年、京都に移転。2003年から、子育て支援活動を始め、文化芸術を通して、子育て世代と地域がつながる事業を展開。
2005年~2008年、京田辺市及び周辺市町村の府民たちで構成する市民劇団「ピーキューブ」の演出に携わる。
2008年10月 「ミュージカルカンパニー ワンダーラー」旗揚げ。
2011年10月舞台制作部門として、「舞台芸術創造団体ワンダーラーファクトリー」を独立。代表に就任。現在に至る。 
 ◆音楽 KANAMI (風プロ)  
  東京学芸大学作曲専修卒業。POPSからゲーム・ミュージカル・映画まで幅広く作曲・編曲を手がける。
ミュージカルカンパニー ワンダーラー・舞台芸術創造団体ワンダーラーファクトリー作品では、 「CLOCK」の他、「INORI」「WARMTH」「OUJI」「組曲」にて全作曲・編曲を担当。
ミュージカルグループ Mono-Musica2013 年「アルバローザの花嫁」では、壮大なフルオーケストラ編曲(全打込)で好評を得た。
脚本・作詞作曲を手がけるミュージカル 「ぼくといた場所」(2013年初演)を、演出にたかさきこずえ氏(舞台芸術創造 団体ワンダーラーファクトリー)、振付にMASASHI氏(同)を迎えて2015年11月に再演。
映画では長編「David and Kamal」(IMEC)や、OneHopeジャンクションフィルムシリーズ「がんじがらめ」「紙一重」など短編にも作品を提供している。